BLOG

乙女の活動日記

鬼が踊る!盧山寺の節分会

こんにちは!乙女の祇園祭スタッフのkawaです。
2月3日 節分の日。お天気も良く、京都のお寺や神社では節分の行事で盛り上がったようです。

年に1度の節分会

私は盧山寺へ行ってきました。
こちらでは『節分会 追儺式 鬼法楽』通称『鬼踊り』があり、沢山の人が集まると聞いていたので12時に到着。

まずお参りをして、ご朱印をいただきました。
盧山寺は、かつて紫式部が住んでいた邸宅があった場所と言われているため紫式部のご朱印もいただけます。
日付と紫式部の印が入った墨書きのご朱印をいただきました。

 

赤、緑、黒の3匹の鬼

早く行った甲斐があり『鬼踊り』で使われる衣装を間近で見られました。
時間になると引き下げられるので、3匹の鬼がスタンバイしている姿は貴重でした!嬉しいです!

15時になると、雅楽を演奏される方、追儺師、蓬莱師、大導師などが行列入堂し、入護摩供が始まると3匹の鬼が入場してきました。

それぞれ、人間の善根を毒する3種の煩悩を表していて、赤が貪欲、緑が瞋恚、黒が愚痴の三毒を表現しているとのこと。
ゆっくりとしたリズムの太鼓と法螺貝の音に合わせ、足をあげて踊る姿は迫力がありました!

この後、邪気払いの追儺式があり東西南北、中央の5カ所に向かって矢を射りました。
悪鬼、邪霊を降状して平和を守ることを意味しているそうです。
打ちのめされた鬼が苦しみながら退場すると、豆撒きが始まりました。
皆さん手を延ばして取り・・・本気です。
盧山寺の豆は大豆の回りを砂糖で固められた珍しいもの。
紅白1粒づつ食べると寿命が延びると言われている「蓬莱豆」です。
また、「福餅」は開運出世すると言われているそうで私も何とか3ついただけました。

境内では、袋入りの物も取り扱われていて袋が可愛らしかったです。

鬼にお祓いしてもらえる『鬼のお加持』

豆撒きの後にも『鬼のお加持』があり、沢山の人が並ばれていました。
身体の悪いところを伝えると、邪気払いされた鬼に1人づつ宝剣で加持してもらえます。
病気治癒、身体健全をはかるそうで京都でもなかなか見られない光景です。

寺社それぞれに特徴がある京都の節分。
すでに、来年が待ち遠しいです!!

書いた人

kawa

kawa

東北出身、京都に住んで17年になります。大好きな京都で、ワークショップやイベント、料理教室、朝市、食べ歩きなどなどを楽しむ日々。2015年のアルバイト募集がきっかけで「乙女の祇園祭」と出会い、それ以降、乙女の祇園祭の大ファンです。今もアルバイトとしていろいろとお手伝いさせていただいています。2016年に出産を経験し、1歳になる子どもがいます。

Facebookでシェア
Twitterでシェア

NEWS

Blog