BLOG

乙女の活動日記

神泉苑祭へ行ってきました

こんにちは。雨が降った日曜日、マルシン飯店で天津飯を食べたkawaです。
ゴールデンウィーク、お仕事だった方も、お休みだった方もお疲れ様でした。

さて。5月4日(土)、二条城近くにある神泉苑へお参りしてきました。

神泉苑祭

祇園祭発祥の地である神泉苑。869年に66本の鉾を厄祓いしたことが始まりと言われているそうです。
境内に立った三基の剣鉾の飾りはそれぞれ異なる飾り。

善女龍王社には御輿が祀られていて、よーく見るとお餅をついているうさぎを見つけました!

また、写真を撮れなかったのですが、本堂と善女龍王社の間にある法成橋は願い事をしながら橋を渡って詣ると願いが叶うといわれているそうですよ。

女性だけで奏でます

神泉苑祭りでお囃子の奉納をされた平成女鉾清音会さん。
2016年に20周年を迎えられました。
京都だけでなく、他府県、海外の留学生や小学生もの方もいらっしゃいます。



神泉苑でのお囃子は今年で4回目。
長年大事に着られていた白い浴衣から、新しい浴衣に変わったそうでお披露目されました!
パッと紫色が映えて素敵ですね。

鉾が並んだ帯や、楽器を入れる袋も近くで見せていただきましたよ。

笛、太鼓、鉦で奏でられるお囃子は、力強さの中にも女性らしさを感じられあっという間の時間でした。
動画は、乙女の祇園祭facebook、instagram、twitterに投稿しているので是非ご覧ください。
平成女鉾清音会の皆様、ありがとうございました。

9種あるご朱印

今回は、様善女龍王(折雨の神様)のご朱印をいただきました。
神泉苑の印が押印され墨書きしてくださいました。

7月24日には、こちらで祇園祭還幸祭があるのでまたお参りしに行こうと思います。

書いた人

kawa

kawa

東北出身、京都に住んで18年になります。大好きな京都で、ワークショップやイベント、料理教室、朝市、食べ歩きなどを楽しむ日々。2015年のアルバイト募集がきっかけで「乙女の祇園祭」と出会い、それ以降、乙女の祇園祭の大ファンです。今もアルバイトとしていろいろとお手伝いさせていただいている1児の母です。

Facebookでシェア
Twitterでシェア

NEWS

Blog