BLOG

乙女の活動日記

「京の六地蔵巡り」をめぐってみました

こんにちは。新たなキャッチフレーズが付いたkawaです。「歩くTwitter」だそうです。
思わず吹き出してしまいました。情報収集が趣味の私。雑誌やネットも見ますが、昔から現場主義なので現地に行かないと納得いかない性格です。

さて。毎年8月に行われる京都の夏の行事「京の六地蔵巡り」
800年以上の歴史ある伝統行事で、今年は22日(水)23日(木)に夜通し行われています。

六地蔵のはじまり

各寺院に祀られている六体のお地蔵さんは、852年に小野篁(おののたかむら)が作りました。
そして、1157年。平清盛に命じられた西光法師が、京都の街道の入り口である六つのお寺に六角堂を建ててそれぞれ納めました。都を行き来する旅人たちの安全や、庶民の疫病退散、福徳招来を願い、京都にある主要街道の入り口へ地蔵堂を建てたことが六地蔵巡りの由来だといわれています。

このことから、現在も六地蔵巡りでは地蔵菩薩が祀られている六ケ所の寺院を巡拝し、無病息災、家内安全、福徳招来を祈願します。それぞれの寺院に定められた色のお幡というお札を拝受でき、家の玄関に束ねて吊るして祈願するのですが、古いお幡は翌年このように束ねた状態で奉納します。

 

始まりは平安時代

六地蔵発祥の地である伏見区の「大善寺」は浄土宗のお寺。
705年、藤原鎌足の子供である定慧(じょうえ)によって創建されました。

六体の小さなお地蔵さんを見つけました。

こちらに祀られている「伏見六地蔵」は、真綿をかぶっています。

 

西京区「地蔵寺」

「桂地蔵」は六地蔵の中で一番高さがあることから、別名「姉井地蔵」と言われています。

 

右京区「源光寺」

「常盤地蔵」は六地蔵の中で一番高さが低いことから、別名「乙子地蔵」とも言われています。

 

山科区「徳林庵」

「山科地蔵」

表情豊かな六体のお地蔵様。
「まだ新しいお地蔵さん達なんですが、一番右のお地蔵さんは琵琶を持っているんですよ」と見せてくださいました。

また、こちらで見つけた色とりどりの六色のお地蔵さん。
それぞれに祈願内容があり、自分で名前を書いておさめるものだそうです。

 

南区「浄禅寺」

「鳥羽地蔵」

こちらでは、指定文化財の十一面観音像が見られます。
また、地蔵地下水で水出ししている冷たい麦茶の接待があり、美味しかったです!

 

鞍馬口「上善寺」

門をくぐると、大日如来坐像にお参りできます。

多くのお地蔵さんが祀られています。

「鞍馬口地蔵」は、3年前に新しくされた地蔵堂に祀られています。

六地蔵巡りではご朱印巡りをされている方も多いようで、私もいただいてきました。

全てに六地蔵巡拝の押印があり、墨書きのご朱印にはお地蔵さんの名前がかかれています。
よく見ると、お地蔵さんの押印があるお寺も。
京都の夏の伝統行事、機会がありましたら是非めぐってみてください。

書いた人

kawa

kawa

東北出身、京都に住んで18年目。大好きな京都で、ワークショップやイベント、料理教室、朝市、食べ歩きなどを楽しむ日々です。2015年のアルバイト募集がきっかけで「乙女の祇園祭」と出会い、それ以降、乙女の祇園祭の大ファンに。現在も関わらせていただいている1児の母です。

Facebookでシェア
Twitterでシェア

NEWS

Blog